永久脱毛の様々な方法

永久脱毛どうやって行うか

永久脱毛の方法について

永久脱毛とは、病院やクリニックなど医療機関で行われる施術法で、毛を作り出す働きをする毛母細胞にダイレクトにダメージをあたえて熱で焼き切ることで二度とムダ毛が生えてこないようにする仕組みです。医療針を使って毛穴の1本1本に針を刺して微電流を流すやり方と、医療用の出力の高いレーザーを照射して熱でダメージを与えるやり方がありますが、どちらも細胞を破壊することで脱毛を行う方法ですので、医療機関でしか認められていません。施術は医師本人や医師の指導を受けた看護師が行うので、万が一肌トラブルが起きたときでもすぐに治療が受けられるので安心です。

永久脱毛の方法の種類

カミソリやクリームを使うムダ毛の処理は生えてる毛を除去するだけなので毛が再生してしまいます。しかし、エステやクリニックで行われている、光を用いた方法でムダ毛を処理をすると永久脱毛できます。これはメラニン色素に反応するレーザーを照射することで毛根を熱して毛を成長させる役割のある毛母細胞にダメージを与えます。1回では処理は完了しませんが、繰り返すことで毛が再生しなくなります。また、永久脱毛の方法には針を使うものもあります。これは毛穴に針を入れて電気を流し、直接毛母細胞を破壊するものであり、施術費用が高くなりますが、確実性も高く、1回で毛が再生しなくなります。

↑PAGE TOP